保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋”

保育士・幼稚園の先生・実習生向けの情報を発信♪実習・制作・就活・転職・お役立ちグッズなど、仕事もプライベートもHAPPYになる情報をお届け!

ベビーシッター コラム

キッズラインでベビーシッター2か月目!【思っていたのとちょっと違う?!】

投稿日:

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。

 

5月からベビーシッターのお仕事をはじめ、今月で2か月目に突入ー!

【1か月目のレポートはこちら♡】

ベビーシッターに登録してみた。ー保育士の新しい働き方&育児って超大変!ー

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。   実は私、今月から仕事のひとつとして、『ベビーシッターの仕事』をはじ ...

続きを見る

 

お仕事回数も15回を超え、少しずつ慣れるとともに、「あれ?!思ってた利用のされ方と違うぞ!」と、シッターを利用する家庭のニーズも見えてきました。

 

ベビーシッターの仕事の2か月目の感想とお仕事の様子を書いていきます♪

 

スポンサーリンク

アドセンス レスポンシブ




週末のみ働くスタイル

ベビーシッターの魅力は、自分の好きなときだけお仕事できるところ。

 

多くのマッチングサイトでは、【働きたい日時のみスケジュールで公開⇒その中で予約が入る】という流れになっています。

私は他の仕事とのバランスを考え、週末を中心に予約を受け付けています。

 

金・土・日を中心に、午後だけ受け付けていますが、コンスタントに予約が来ています。

自分の働きたい時間と、必要とされる時間がマッチングしていて、いい感じです。

 

おかげさまで、すでに6月末までの予約はほとんど埋まりました!

はじめは都心での仕事が多いイメージでしたが、確実に郊外での利用も広がってきています。

 

 

思ってたベビーシッターと違う?!

お仕事をはじめる前は、お父さんお母さんが仕事や用事があって、預かり先がないときに利用する…というイメージでしたが、実際のところ、思っていたニーズと違いました。

 

お母さん在宅でのシッティング

今月末までに、トータルで20件の予約が確定していますが、なんと、半分は『お母さんが在宅でのシッティング』なのです!

 

お母さんが家にいるのにベビーシッター???

 

なぜ家にいるのにベビーシッターをお願いするのかというと…

  • 家事を片付けたい
  • 在宅で仕事をしたい
  • ちょっと話し相手がほしい

といった理由が多いのです。

 

はじめてベビーシッターを利用する方だと、『どんな感じか見てみたい』『子どもが慣れてくれるか試してみたい』という方もいらっしゃいました。

 

 

家事や仕事に集中したい

お話を伺うと、小さな子どもがいると、なかなか目が離せなくて家事や仕事に集中できないとのこと。

 

私は1歳児~3歳児の依頼を受けることが多いですが、確かに目を離すと危険なことが多い&お母さんにくっつきたいお年頃です。

  • つかまり立ちをはじめたばかりで、よく転倒する。
  • ちょっと目を離したすきに、散らかされてしまう。物を口に入れてしまう。
  • 「ママー!ママー!」の、かまってちゃん攻撃で作業が進まない。

 

意外と、まとまった時間がとれないし、作業が中断されてしまうんですよね!

 

そんなわけで、お母さんの自宅での時間を確保するため、在宅という状況で子どもとよく遊んでいます!

はじめてのシッター利用だと、子どもの様子も見られるし、作業も進むし、なかなかいい利用法ですよね♪

 

 

ちょっとした話し相手がほしい

意外だった利用方法がこちら。育児の息抜きに誰かと会話したい、大人と話したい…というもの。

 

もちろん、子どもはかわいい!大切!宝物!ということを前提に話しますが、小さな子どもとずっと2人で過ごす…って、けっこうストレスになるんですよね。

 

あんなにかわいい子どもと過ごすのがストレス?!

と思われる方もいるかもしれません。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

特にまだうまく話せない小さな年齢だと、

  • 理由がわからず、耳元で大ボリュームでギャン泣き
  • せっかく作った料理を、瞬殺で床にぶちまけられる
  • 当たり前だけど話が通じない(会話が一方的)
  • 何を言っても「イヤ」と拒否られる
  • 荒れていく部屋…なのに掃除できない

これらがすべて、終わりのない密室で展開されます。耐えられますか?

 

誰も助けてくれない状況で、泣く・騒ぐ・荒らされる・話通じない・拘束される上に24時間対応…。

子どもは時にモンスタークレーマーです。

 

反対に、何かうれしいこと・おもしろいことがあっても、誰とも共有できないんですよね。

「はじめて〇〇できた!」「すっごいおもしろい顔した!」…誰かと分かち合いたいですよねー!

 

 

一人担任してた時代を思い出す

育児とはちょっと違うけど、そんな話を聞いていたら、私も3歳児一人担任をしていたときのことを思い出しました。

 

登園してから降園するまでの5時間、3歳児20人と密室でぶっ通し保育をしていたときのこと。

その年は元気な子が多い年(しかも入園したばっかり)で、常に部屋を走り回る、叫ぶ、そこら中でケンカ勃発、おもちゃひっくり返す、お茶こぼす、もらす…

 

忙しくて昼食も食べられず、トイレにも行けず、心の底から「だれか…!大人を…!!!!」と思っていましたね(笑)

精神的にかなり追いつめられました。

 

子どもたちが降園したあと、同僚の先生と話す時間は本当に癒しでしたね…。

 

 

そんなわけで、かわいい子どもたちと遊びつつ、お母さんたちともベラベラしゃべったりしています!

お母さんたちも、先生たちも、子どももかわいいけど、たまには大人とリフレッシュしましょうね!!!♡

 

 

リピーターさんが増える

1回のみの依頼ももちろんありますが、近場の方だと、2回目、3回目と依頼されることが増えました!

約半数の方がリピートで利用して下さるイメージです。

 

はじめての利用だと、子どもの性格などをつかむのに少し時間がかかりますが、継続的に関われることで、活動の幅、できることがすごく広がります!

食事やトイトレなんかも、相談しながら進められるからいいですね♡

 

保護者の方も、いちいち部屋や物の場所を説明する手間がはぶけるので、いい出会いがあれば、継続してシッター×家庭で協力していける関係はすてきだなと思います!

 

 

今後も保育士としての新しい働き方を開拓していきます!

アドセンス レスポンシブ




アドセンス レスポンシブ




関連コンテンツユニット

注目記事☆

1

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。   梅雨が明けると、すぐに待っているのが…プール開き! 子どもたちは大 ...

2

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。 保育士や幼稚園の先生の必須アイテム、エプロン。職場から支給される園もありますが、 ...

3

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。 もうすぐ実習がはじまる学生さん、すでに実習中の学生さんも…、保育実習って不安です ...

-ベビーシッター, コラム

Copyright© 保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋” , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.