保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋”

保育士・幼稚園の先生・実習生向けの情報を発信♪実習・制作・就活・転職・お役立ちグッズなど、仕事もプライベートもHAPPYになる情報をお届け!

指導案の書き方 部分実習 保育実習まとめ

部分実習~指導案の書き方(基本編)~

更新日:

担当の先生と打ち合わせをしたら、いよいよ指導案です。ポイントを押さえて、自分の為にもわかりやすい指導案を書きましょう!

スポンサーリンク

アドセンス レスポンシブ




 

指導案の用紙

指導案の用紙は、主に学校指定のものを使用します。多少形式は違いますが、書く内容はどの用紙でも似たような項目です。

〈記入する項目〉

  • 実習をする日にち
  • クラス名、子どもの年齢、人数
  • 指導者名(実習生の名前)
  • 子どもの姿
  • 指導内容
  • ねらい
  • 準備
  • 時間
  • 環境構成
  • 予想される子どもの活動
  • 保育者の援助・留意点

以下、私が作成したものですので、練習用に使用したい方は印刷して使ってくださいね♪

部分指導案用紙

 

環境設定は細かく書く

部分実習を行う場所はどこでしょう?机や椅子はどのように並べますか?製作に必要な材料は?配り方は?

…わかっているつもりでも、実際に行うとなると、わからなくなってしまうことが本当によくあります

事前にしっかり考えて準備できることは環境設定くらい。先生と子どもの立ち位置、使用する道具や教材の配置は、図にして記しておきましょう。直線をひくときは定規を使うと、指導者から見て丁寧な印象になりますよ☆一つひとつ記しておくと、自分が落ち着いて取り組むことが出来ますし、任せる先生側としても安心です。

子どもの反応を予想せよ!

どうしても事前に準備できないのが子どもたちの動き(笑)当日にならないとわかりません。だからこそ、その他の準備は万全にしておきたいもの。しかし、予想することはできます!

クラスの子どもたちはどんな様子でしょうか?何が出来て、何が難しいのか、どんな個性を持った子どもたちがいるのか…すべてを書く必要はありませんが、起こりそうなことを予想して書いておくことは大切です。

集まらない子がいるかも知れない、説明を理解するのが難しい子がいるかも知れない…子どもの動きを予想すれば、対策も考えられますよね☆

 

実習生の動きは具体的に!

主活動に入る前に、まずは子どもの興味を惹きつける導入を考えましょう。どんなことをしたらこちらに注目してくれるでしょうか?いくつかレパートリーを考えておくと、現場に出たときも使えますよ☆彡

子どもたちが興味を持ってきたら、いよいよ主活動です。

はじめに大まかな活動の流れを考えたら、予想される子どもたちの動きに、どのように対応していくかも考えていきます。環境設定と、予想される子どもの動きを踏まえて、自分がどのように働きかけるのか、これを考えておくことで、部分実習がぐっと深くなりますよ◎

アドセンス レスポンシブ




アドセンス レスポンシブ




関連コンテンツユニット

注目記事☆

1

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。   運動会が終わると、すぐに始まるお遊戯会の準備。毎年、何の劇にしよう ...

2

  こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。   今回は、来年から保育園・幼稚園で働きはじめる学生さん ...

3

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。 保育士や幼稚園の先生の必須アイテム、エプロン。職場から支給される園もありますが、 ...

4

    こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です!   今回のテーマは、就活での電話のかけ方。 ...

-指導案の書き方, 部分実習, 保育実習まとめ

Copyright© 保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋” , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.