保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋”

保育士・幼稚園の先生・実習生向けの情報を発信♪実習・制作・就活・転職・お役立ちグッズなど、仕事もプライベートもHAPPYになる情報をお届け!

水遊び・プール遊び 外遊び 0歳児 室内遊び 1歳児 2歳児 7月 実習でできる活動 3歳児(年少) 8月 4歳児(年中) 5歳児(年長) ママパパ向け情報

氷遊びアイデア5つー保育園や家庭で楽しめる!年齢別遊び方紹介ー

投稿日:

こんにちは!ぽっくる先生(poccle_hoiku)です。

 

暑い夏は冷たいものを食べたくなったり、触りたくなったりしますよね。

保育園や幼稚園、家庭でも「水遊び」を取り入れているところは多いのではないでしょうか。

「水遊びのレパートリーがなくなってきたな…」「簡単に子どもが楽しめる遊びないかな…」

そんなときにピッタリ!

 

今回は、準備はとても簡単なのに盛り上がる!「氷遊び」のアイデア5つをご紹介します。

氷遊びだけでももちろん楽しめますが、水遊びするときに一緒に取り入れてみるのもおすすめ!

0歳児さんから小学生くらいまで、どのように発展させていったら楽しいか、ステップ別に解説していきますね♪

 

  • 夏だけではなく1年中楽しめます!
  • 保育園、幼稚園はもちろん、家庭でも簡単に遊べます。
  • 外でも室内でもできます。お風呂遊びにも♪
  • 普通の水遊び、プール遊びに飽きてきたときに導入するのもおすすめ!
  • 材料は家にあるもの、または100円ショップで簡単に手に入ります。
  • 0歳児さん~小学生くらいまで楽しい!
おすすめポイントがこんなにたくさん!子どもの興味関心にあわせて取り入れてみてくださいね♡

配慮すること

  • 口に入るサイズの氷は誤飲に繋がることがあります。必ず大人が見守り、口に入れないよう注意しましょう。
  • 氷を長時間触ると凍傷になる危険性があります。触り続けないよう声をかけたり、適宜休憩する時間をとって身体が冷えないようにしましょう。
  • 氷がとけて濡れた場所はすべりやすくなっています。走らず足元に気を付けて行動しましょう。
楽しい遊びがケガや事故に繋がらないよう、気を付けましょうね。それでは氷遊びをご紹介していきます!

 

1、氷そのものを楽しむ

「氷を触ったことがない」「氷で遊んだことがない」など、初めての氷遊びにおすすめ!

まずは氷そのものの感触を楽しんでみましょう(感触遊び)。

 

  • 0歳児/1歳児/2歳児さんくらいにピッタリ♪
  • 「冷たいね」「ツルツルすべるね」「四角いね」大人がたくさん言葉で表現してみましょう
  • 感触はもちろん、氷の音や溶けていく様子にも注目してみましょう
  • たらいなどの容器をいくつか用意しておき、入れ替えたり溶かしたりして楽しむこともできます

 

2、型を使ってみよう

普通の氷に慣れてきたら、いろいろな形の氷を作ってみてもおもしろいですよ。

製氷皿だけではなく、シリコン型も使えます!


(↑ダイソーの200円商品)

 

  • 「これに水を入れたらどんな形になるかな?」凍らせる前から子どもと一緒に想像して楽しんでみましょう。
  • 100均や3コインズなど、お手頃価格でいろいろな形の容器が手に入ります。
  • 子どもたちの好きなキャラクターなどを取り入れると喜ばれそうですね。

 

3、おもちゃを凍らせてみよう

氷を作るとき、一緒におもちゃミニフィギュアを入れると…おもちゃ入りの氷が完成!!!

普段遊んでいるおもちゃを凍らせるなんて、おもしろい発想ですよね^^

 

  • どうやったら凍らせたおもちゃが取り出せるかな?!フィギュア救出大作戦で遊べます(笑)
  • ビーズを入れるとキラキラ可愛い氷に♡
  • 「折り紙を入れたらどうなるかな?!」おもちゃ以外にもいろいろ凍らせて実験してみましょう。
  • お風呂遊びにもおすすめ!この氷を持っていけば「お風呂イヤ~!」な子も楽しんでくれるかも?

 

ミニフィギュアはネットでもお手頃価格で購入することができます♡

 

4、色をつけてみよう

絵の具や着色料を使って、色水を凍らせると、きれいなカラフル氷ができますよ。

ちなみに上の画像の右側3つは、「カラーセロハン」を切って水の中に入れただけなんです♪

氷に色がついているように見えて、宝石みたいな仕上がりになりますよ!

 

  • 絵の具、着色料、どちらも100円ショップで手に入ります。
  • 絵の具を使う場合、アクリルではなく、水彩絵の具の方が身体についたとき落ちやすいです。

 

カラーセロハンは遊びや製作、いろいろ使えて楽しいです♡

 

5、お絵描きしてみよう

絵の具で色をつけた氷は、紙の上をすべらせると色がつきます!

どんな色合いが楽しめるかな?氷アートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

  • 凍らせるときにスティック状のものを差して一緒に凍らせると、持ち手ができて描きやすいです。
  • お絵描きをする場合は、絵の具を濃い目に溶かしておくと、きれいに色が出ます。

 

準備から一緒に楽しもう

様々な遊び方をご紹介しましたが、氷遊びの良いところは「準備から一緒に楽しめる」ところ。

「水に混ぜたらどうなるかな?」
「これも凍らせられるかな?」
「どんな形になるかな?」

出来上がりを想像しながら、子どもたちと一緒に準備をすると楽しみも2倍です♪

様々な形に変形する「氷」だからこそ、まだまだ楽しい遊び方はたくさんあるはず。

子どもたちのアイデアを取り入れてみたり、「こうするとどうなるかな?」いろいろ実験して遊んでみてくださいね^^

アドセンス レスポンシブ




アドセンス レスポンシブ




関連コンテンツユニット

-水遊び・プール遊び, 外遊び, 0歳児, 室内遊び, 1歳児, 2歳児, 7月, 実習でできる活動, 3歳児(年少), 8月, 4歳児(年中), 5歳児(年長), ママパパ向け情報

Copyright© 保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋” , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.