保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋”

保育士・幼稚園の先生・実習生向けの情報を発信♪実習・制作・就活・転職・お役立ちグッズなど、仕事もプライベートもHAPPYになる情報をお届け!

運動会 遊び・ゲーム

パラバルーンって何?? 大きさや人数、ねらい、遊び方まで徹底解説!

更新日:

スポンサーリンク

アドセンス レスポンシブ




こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です!

 

運動会で最近人気の団体種目といえば…パラバルーン!大きくてカラフルな布が目を引きますよね。

今回は『パラバルーン』とはいったい何なのか、具体的な使い方やねらい、購入方法まで、自分の指導経験も踏まえて徹底的に解説します!♪

 

パラバルーンとは

パラバルーンとは、ざっくり言うと、大きな円形をした、カラフルな布です。プレイバルーンやプレイパラシュートともいいます。

こんな模様をしています。

 

由来は『パラシュート』+『バルーン』直径は3m~8m程度のものまであります。

集団で、ふちを持って、回転させたり形をつくったりして演技ができるほか、レクリエーションにも使えます♪

最近では、幼稚園や保育園の運動会の競技種目としても大人気!

 

 

大きさと人数の目安

パラバルーンの技をきれいに完成させるには、バルーンの大きさと人数が重要です。

  • 直径3メートル…16人程度
  • 直径5メートル…20人程度
  • 直径7メートル…20~30人程度

が、だいたいの目安になります。

バルーンの大きさに対して人数が少ないと、間から空気が抜けてしまい、きれいに技が完成させられません。

 

 

 

パラバルーンのねらい

パラバルーンを使った活動では、どのようなねらいが設定できるでしょうか。

 

パラバルーンを使うことによって、次のような力が育まれます。

  • 1枚の布を大人数でタイミングを合わせて動かすことで、仲間との協調性やコミュニケーション能力が育てられる。
  • バルーンを形づくる動きにより、全身の筋力や柔軟性が鍛えられる。
  • 音楽に合わせて動くことで、リズム感や表現力が身に付く。

など、パラバルーンには様々なねらいがあるのです。

 

バルーンは軽そうに見えますが、意外と全身の力を使うので、大人でもいい運動になりますよ♪

 

 

 

どんな場面で使える?

最近では運動会の団体競技として人気があります。

技の流れを覚えたり、動かし方にコツがあるので、幼児クラス(特に4歳児)で取り組みやすい種目です。

 

バルーンを動かして形をつくるだけではなく、中に隠れたり、上に乗ったり、引っ張ったり…と、ゲームにも使うことができ、雨の日の室内活動参観日のレクリエーションなど、通常保育でも楽しむことができますよ。

 

 

購入方法と予算

パラバルーンはインターネットで購入することができます。大きさは3m~8m前後と幅広いので、使いたい人数やスペースによって選びましょう。

値段は1000円代からと、意外とリーズナブルです!

 

〈3メートル〉

 

〈5メートル〉

 

〈5メートル/持ち手16個つき〉

 

持ち手アリ/持ち手ナシの違い

上の画像を見てもらえればわかるのですが、パラバルーンには持ち手があるものと、ないものがあります。

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

【持ち手アリの場合】

  • 子どもが持ちやすく、動かしやすい。
  • 途中で離してしまうことが少ない。
  • 持ち手の場所が決まっているので、すぐに定位置につける。
  • 数が決まっているので、人数が限定される。欠席者がいたときカバーしにくい。
  • 持ち手を離す技をおこなうとき、手がからまりやすい。

 

【持ち手ナシの場合】

  • 握力が必要。すべりやすい。
  • すぐにつかめて、すぐに離せる。
  • 子どもの人数にかかわらず取り組める。
  • 間隔がとりにくい。
  • 両手で2か所おさえられるので、空気が逃げにくい(多分)。

私は持ち手ナシのバルーンでしか指導したことないので、おそらく考えられるであろうことをまとめました。

持ち手がなくても不自由なく、途中で手を離してしまうこともほとんどなかったです。

 

動かしやすさでいったら持ち手アリの方だと思いますが、人数が固定されてしまうのがデメリットですね!

 

 

 

運動会のイメージが強いパラバルーンですが、小さいものだったら、乳児クラスでも遊びに使うことができます。

ひとつ持っておくと、全クラスで活用できて便利ですよ!

 

〈あわせて読みたい/バルーンを使ったゲーム〉

パラバルーンを使ったゲーム☆室内遊びや親子レクに♪

運動会の競技としてだけではなく、普段の保育にも大いに活用できるパラバルーン。室内遊びに親子レク、パラバルーン競技練習の導入としても使えるゲー ...

続きを見る

アドセンス レスポンシブ




アドセンス レスポンシブ




関連コンテンツユニット

注目記事☆

1

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。   梅雨が明けると、すぐに待っているのが…プール開き! 子どもたちは大 ...

2

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。 保育士や幼稚園の先生の必須アイテム、エプロン。職場から支給される園もありますが、 ...

3

こんにちは!ぽっくる先生(@2525pokkuru)です。 もうすぐ実習がはじまる学生さん、すでに実習中の学生さんも…、保育実習って不安です ...

-運動会, 遊び・ゲーム

Copyright© 保育士ぽっくる先生の”保育の知恵袋” , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.